FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
memory.jpg

人間には潜在意識と顕在意識、二つの意識が存在します。
顕在意識は人間が普段から働かせているいわゆる「思考する心」。
潜在意識は無意識的に働いているもので思い込み、とか暗示、とかそういう類の話はどうやらこの部分が関連してるようです。

今回、そんな潜在意識に関して驚くべき研究結果が出ました。



 3月12日、ある実験結果がNeuronという雑誌に記載されました。

実験ではまず受験者達はスクリーンの中央の一点を見つめるよう指示されます。

しかし彼らには特別なシチュエーションが用意されており、その状態で実験が行われます。

彼らは実験が始まるまで5時間の間飲食が禁止されていました。

そしてスクリーンを見ている間、口の中にチューブが入れられ、定期的に「報酬」として口の中に水滴が落とされます。

さらにスクリーンにもある仕掛けが施してあります。

何パターンかの図形の点滅が受験者に気づかれないレベルで定期的に繰り返されるというものです。

そしてそれは受験者達の口に水滴が落ちるのと同時に点滅します。

その実験結果について研究者はこう述べています。

「たとえ彼ら自身がそこで何が起こっているのか気づいていなかったとしても、「報酬」と無意識的な刺激によって彼らの潜在意識は静かに学習をしていた。」



たまにテレビ局が視聴者にある特定の思想・感情を植えつけるために「サブリミナル効果」という手法を用いている、とかそんな信じられないような話を耳にすることがありますが、この実験結果を見ると有り得ない話でも無いように思えてきますね。



ソース:Unconscious Learning: In the Eye of the Beholder?



関連

・落書きが記憶の助けになる!?

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ponkore.blog123.fc2.com/tb.php/50-83096cfa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。