FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
stress.jpg

果たして人がストレスから逃れられる方法はあるのか?

答えはNOです。

人は決してストレスから逃れることはできません。

それは生まれつき体に機能として備わってるものですし、それ自体が体に与える影響も悪いものばかりではありません。

しかし多くの人はストレスを必要以上に放出し、その量をコントロールする術を知りません。

この記事ではストレスから逃れず、受け止めず、健康的な生活を送る技術を紹介したいと思います。


最初に述べたようにストレスから逃れることは不可能です。

しかし減らすことはできます。方法によってはいくらでもです。

ここで方法を紹介する前にまずストレスの種類について説明したいと思います。


身体に対して悪い方向に働くものを不快ストレスと言います。

この不快ストレスは一般的なイライラや体調の悪化などを引き起こすストレスを指します。

そしてもう一つ、身体に対して良い影響を与えるものを快ストレスと言います。

この快ストレスには次のような働きがあります。


・危険が自分の身に迫った際、それに対処するため心拍数、呼吸数等を上昇させる

つまりは自律神経を活性化させるんですね。

人はこの快ストレスが無ければ危険にすばやく対処することができません。

そして私達を最も悩ませる不快ストレス。

この不快ストレスにも種類があります。

・身体ストレス

・脳ストレス


まず身体ストレスですが、これは主に肉体に対して何らかのダメージが与えられた場合発生します。

そして脳ストレス。このストレスは精神的な苦痛を感じた際発生します。

この二つの中でも特に私達を悩ますのは脳ストレスの方だと思います。

ではこの脳ストレス。どのように対処すればうまく減らすことができるのでしょうか。

まず人が脳ストレスを感じる大きな原因の一つに以前紹介したセロトニンの不足が挙げられます。

このセロトニンを増やしさえすれば脳ストレスのみならず多くの苦痛を軽減することが出来ます。

以下がその方法です。




腹式呼吸
お調子デブ

横隔膜を上下することにより内臓を刺激し、セロトニンを分泌させることができます。




ウォーキング
Runnning.jpg

リズムを意識して歩くことによりセロトニンを分泌。さらに日光に当たることによりメラトニンが脳内で分泌されるため不眠を解消する効果もあります。




物をよく噛む噛み殺し













甘噛み

セロトニンはリズム的な動作によって分泌されます。

ですから食事もできるだけリズム良く、回数も多めに噛んだ方が効果的なようです。


どれも普段日常的に行っているものですがこれを意識して行っている人は少ないのではないでしょうか。

これらをトレーニングという形で生活の中に組み入れれば生活の質も格段に良くなると思います。

仕事や人間関係にストレスを感じている方は是非ためしてみてください。



コメント

ジョーズこええよw

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://ponkore.blog123.fc2.com/tb.php/44-38683a7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。